メガネの男性

リアルタイムで情報共有|ビジネスチャットの導入を考える

企業内の情報を一元化

マウス

企業内において情報の管理というものは多岐に渡るほど複雑になっていきます。ERPパッケージを導入することで複雑に管理された情報を一元管理することができ、様々な業務を効率的に行うことが可能になるでしょう。

詳細を読む

人材の適切配置と業務効率

男女

企業の人材を一人一人把握しておくことで経営戦略はよく効率的に立てることができるでしょう。しかし、全ての人材を把握することはとても困難です。そういった問題はタレントマネジメントシステムを導入することで解決されるでしょう。

詳細を読む

業務手順の効率化

オフィス

ワークフローシステムを企業に導入することにより、申請業務等の手順をワークフローに基いて効率的なシステム化を行うことが可能です。そうすることによって申請書類等のペーパレス化によるコスト削減や業務効率の向上を実現することができます。

詳細を読む

効率的情報共有と連絡

メンズ

企業のビジネス戦略において、社内での情報共有やコミュニケーションはとても大切なポイントです。多くの場合、その方法として電子メール等のメール機能を用いて行なっているかと思います。しかし、メール機能を使用しての情報共有やコミュニケーションというのは打ち込むのに時間が掛かるものです。そしてメールを送信した後にも相手からの返信を待つ必要があります。その返信に関してもいつ届くか分かりません。場合によってはそのメールの返信が届くまで業務を進められないといった場合もでてくるでしょう。そういったことになってしまっては業務において大幅なタイムロスとなるでしょう。実際、企業内におけるメールのやり取りに掛かる所要合計時間というのは平均して約2時間は掛かっているといわれています。その理由は先程あげた返信までの時間はもちろん、挨拶文や定型文を打たなければならないといった点も含まれます。そういったタイムロスによる問題を解決し業務をより効率的にこなす方法としてビジネスチャットの導入をお勧めします。
ビジネスチャットというのはLINEやSkypeといったチャットツールを企業向けに開発したサービスで情報保護のセキュリティ面に関しても万全なものとなっています。ビジネスチャットを導入により、チャット形式のリアルタイム性のある効率的な情報共有と円滑なコミュニケーションを実現することができます。ビジネスチャットには企業で使用することに特化した機能が様々備えられており、エクセルやワードのデータ送信も安易に行えるようになっています。また、チャットですので挨拶文や定型文といったものを使用しないカジュアルなやり取りが可能となっています。他企業や役職を超えてのカジュアルなやり取りは難しいですが、従業員同士での情報共有やコミュニケーションにおいてはメールよりも効率的に行うことができるでしょう。ビジネスチャットを導入することにより、業務を効率化させより高い業績をだすことができるはずです。